環境マイスター
環境マイスターになったわけ環境マイスターになったわけ
環境マイスターとは環境マイスターとは
安心・安全の健康食品安心・安全の健康商品


環境マイスターとは・・


【活動の概要】
 『マイスター(Meister)』は、ドイツ語で職人の親方、名人、達人という意味です。
 水俣市では、水俣病を教訓に、環境モデル都市づくりの取り組みを進めるため、「安心安全で環境や健康に配慮したものづくり」の推進と、職人の更なる地位と意識の向上を図ることを目的として、平成10年度に全国初の取り組みとして同制度を確立しました。
 初回となった平成10年度は、紙漉き職人、お茶・みかん・野菜・米づくりを行っている人など、9名が認定されました。これまで31名が環境マイスターとして認定されています。いずれも、原料、生産、加工、販売、廃棄物のどの行程においても、自信を持って、環境や健康にこだわったものづくりを進めている職人です。
 環境マイスターの製品は、同時に、市により安心安全な製品として認定されたものといえます。水俣産の製品は、過去のイメージにより販売力が低下した時期もありました。しかし、環境汚染の怖さを身を持って体験している水俣だからこそ、真に安心安全な水俣ブランドの確立を目指しています。

<資格審査の基準>

1.環境や健康に配慮したものづくりを5年以上行っていること。
2.自然素材の利用、化学物質の除去など、環境や健康に配慮したものづくりに関する実績があること。
3.環境や健康に配慮したものづくりに関する一定の知見と経験・技術等を有していること。
4.地域環境の保全に関する活動を行っていること。
5.環境問題や環境保全に関する一定の知識を有していること。
6.水俣病など公害に関する一定の知識を有していること。        以下 水俣市市役所のホームページより抜粋

トップへ戻るトップへ戻る
 Copyright©2010一期崎